« ダブリンの鐘つきカビ人間 | トップページ | 春の雪 その2 »

2005年11月17日 (木)

春の雪 その1

映画 “春の雪”を観た。

~~この下、ネタばれありです~~

大正時代の豪華な美術というのを観る機会が無いので、
絶対映画館で観ようと思っていた。
パンフレット買うには、DVDじゃなくて、映画に行かないと。
セット関連の記事読みたいからね。

今までで大正時代の貴族社会の美術で見た事あるのは、
TV放映していた舞台“鹿鳴館”ぐらいしかしらない。
今度、劇団四季でもやるようですが。
これも三島由紀夫作品ですね。

で、先に原作を読んでから、映画を見る事にした。
原作を先に読む理由は、こういう時ぐらいしか、
三島由紀夫を読まないと思ったから。
せっかくの機会だから、文芸小説に挑戦しようと思った。
話はほとんど知らなかったのに、結末は原作を読む前から知っていた。

なぜなら、“春の雪”の公式サイトのプロローグを読んだときに、
主人公の清顕が最後に死ぬと、書いてあったから。( ̄□ ̄|||)

結末を知りたくないから、ストーリーは読まなかったのに、、、
それで、導入部のプロローグだけ読んだのに。。。。
ストーリーのほうが、プロローグより短くて、結末書いてないなんて。。。
逆じゃないかぁ。。。

と、悲しい思いをしながら、原作を先に読んでから、映画を観た。

で、ここから映画の感想を書くつもりでしたが、長くなりそうなので、
次回UPすることにします。明日UPできるかな?。


|

« ダブリンの鐘つきカビ人間 | トップページ | 春の雪 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146133/7170278

この記事へのトラックバック一覧です: 春の雪 その1:

» 邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演 [白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary]
以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。 春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。)  ひとりは、アヌチット・サパンポン(「風の前奏曲」・「メコンフルムーンパーティー」  もうひとりは、スイニット・パンジャマワット(「快盗ブラックタイガ�... [続きを読む]

受信: 2005年11月17日 (木) 23時20分

« ダブリンの鐘つきカビ人間 | トップページ | 春の雪 その2 »