« “グランドホテル” | トップページ | 屋根の上のバイオリン弾き »

2006年1月16日 (月)

ミュージカル“ベガーズオペラ”を観た。

前回書いたの“グランドホテル”以上に、すんごい舞台装置だった。

オーケストラピットまで舞台が張り出し、
上手下手ともオケピの上、舞台の上まで客席が作られていた。
ここに座った観客は、イジられてた。
とくに幕前や、幕間終わり、カーテンコールの時など。
内野さんとダンスしたりしてた。
内野ファンにはたまらないだろうなぁ。

で、装置の感想に戻りまして、、、
舞台上の屋台は3層建てだし。
ポータルにもオーナメントの装飾がなされているし、
文字(モンジ)もデザインされたものだ。

舞台上手、下手には2層のバルコニー席も設けられている。
これは、観客が座るのではなく、芝居で使用される。

また、劇場の天井も舞台側は天幕が張られ、
あの日生劇場の有名な天井、
あこや貝の天井が隠され、
完全に、ベガーズオペラの世界が創られている。

乞食の世界だから、廃屋の劇場が舞台となってた。

オンボロぼろぼろだけど、金ぴかと違った豪華さがあり、
金ぴかの“グランドホテル”とは違った意味で、
とにかくすごいとしか表現できなかった。

美術デザイナーとして見た感想は、、
道具帳が大変そう。。。と思ったけど。

舞台の感想は、レ・ミゼ フアンにはたまらないキャストだろう。
演出家もレ・ミゼの演出家だし、アンサンブルを聴いても
レ・ミゼ風に聞こえる。
しかし、アンサンブルは迫力あったなぁ。レ・ミゼも迫力あるもんなぁ。
レ・ミゼ観たのは10年ぐらい前だけど。。。

|

« “グランドホテル” | トップページ | 屋根の上のバイオリン弾き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146133/8192655

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル“ベガーズオペラ”を観た。:

« “グランドホテル” | トップページ | 屋根の上のバイオリン弾き »